1. HOME
  2. サイエンスマガジン

サイエンスマガジン

2017年 2月前半号 増進会サイエンスアカデミー授業レター

こんにちは、サイエンスアカデミーの武井博喜です。

いよいよ2月。今年度の実験もあと2回を残すのみとなりました。
そして3月18日(日)実施の『研究発表会』で日頃の成果を発揮する番となります。
3月の授業はいつもとは違い特別編成となります。詳しくは、2月前半の授業を通じて配付する「3月の授業案内」と研究発表会の「ターム調査表」でご確認していただき,ここでは簡単に研究発表会までの流れをお伝えします。
2/3~2/10 「3月の授業案内」「ターム調査票」の配付
ターム調査票は,2/24までにご提出をお願いいたします。
※どうしても都合の悪いタームだけに「×」のご記入をお願いします。
2/17~2/24 ターム調査票のご提出

3/ 3(土) 全土曜クラス一斉 研究発表シート作成日

3/10(土) 実験室開放日

3/18(土) 2017年度 後期 研究発表会(札幌第一高校)

※なお、2月前半の実験は当初の予定と異なります。あらかじめご承知願います。

2月前半の授業日程

第1・3土曜日…2/ 3
第2・4土曜日…2/10

2月前半の実験のポイント

実験で理解したことの定着を図るために、家で話題にしてほしいポイントをお伝えしていきます。
実験後に、ご家庭にてぜひお子さんに聞いてみてください

◇◆◇フレッシャー(年長)『空飛ぶグライダー』◇◆◇

お子様も紙飛行機を作った経験はあると思います。今回の実験では、グライダーの作成、よく飛ぶための工夫を実際に飛ばしながら学んでいきます。

(実験後に、お子さん聞いてみてください)

  • 飛行機のたてについている「つばさ」は何といますか?
  • 飛行機を飛ばすために、どんなことをしましたか?

◇◆◇フェロー(小学1・2年生)『モビールを作ろう』◇◆◇

力のつりあいを応用した,「モビール」づくりを行います。
けっこう細かな作業になりますが、逆にモビールが完成したときの喜びも大きいものです。ぜひとも家に飾ってみてください。

(実験後に、お子さん聞いてみてください)

  • 力がつりあうようにするには、どんなくふうが必要でしたか?

◇◆◇マスター(小学3・4年生)『ビュートレーサー』◇◆◇

マスターコースもいよいよロボット作成とパソコンを使ったプログラミングの実験を2回にわたって行います。
今回は、ロボットの作成の完成とセンサーの動作チェックを行います。

  • センサーにふれると回転しているモーターの動きはどうなりましたか?

◇◆◇ドクター(小学5・6年生)『コロボ②』◇◆◇

前回のコロボの作成に引き続き、パソコンを使ったロボットの基本操作、そしてプログラミングの基本を学んでいきます。

  • パソコンの基本操作をしっかり覚えることができましたか?

バックナンバーはこちら

2017年 12月後半号 増進会サイエンスアカデミー授業レター
2017年 12月前半号 増進会サイエンスアカデミー授業レター
2017年 11月後半号 増進会サイエンスアカデミー授業レター